2018.10.22号

こんにちは。

BodyVoiceトレーナーのmeguです。

 

今日から新しいテーマになります。

新テーマは「美ボディづくりを始めよう!」

 

予定している内容は下記の10ポイントです。

 

1、美ボディづくりを始める前の注意点

2、痩せたい人がまず引き締めたい筋肉は?

3、若く見られる!良い姿勢を作る

4、インナーマッスルからしなやかな筋肉をつくる

5、ウエストにくびれをつくる

6、胸の形を整える

7、細い腕をつくる

8、引き締まった背中をつくる

9、お尻を引き締める

10、太ももとふくらはぎを太くせず、脚を引き締める

 

 

下記の内容はLINE@で動画配信しました。

動画でもご覧になりたい方はご

是非LINE@に登録ください。

 

本日もお付き合いのほど

どうぞよろしくお願いします。

ーーーーーーーーーー

<本日のテーマ>

美ボディづくりを始めよう!

「美ボディづくりの前の注意点①目標を立てる」

 

目次

1、美ボディとは?

2、あなたの理想の美ボディを探す

3、今週のHOMEWORK

ーーーーーーーーーーーーー

 

1、美ボディとは?

 

美ボディとは?

 

と言っても、これはもう、

人によって感じ方が違うので

自分にとっての美ボディをまず探してください。

 

人の感じる美しさと

自分の感じる美しさは

異なることは当然ありますね。

 

カッコいい!

と思う人が人それぞれ違うように。

 

ですので、自分の基準で

「美ボディ」

を考えましょう。

 

ただし、こちらの読者様にはぜひ

健康の範囲内でお願いしたいです。

 

痩せすぎて生理が来ないとか

精神的におかしくなるようなものは

美ボディとは言いません。

 

美とは健康であることが前提だと

私は思います。

 

 

 

2、あなたの理想の美ボディを探す

 

さあ、まず、美ボディづくりをする前に

するべきことは目標を立てることです。

 

そのためやるべき具体的な行動は

自分の理想の美ボディを探すこと

です。

 

なぜなら、1でもお伝えしたように

イメージする美ボディは人それぞれ違うからです。

 

私は生徒さんには

必ずご自身の考える美ボディとは

有名人に例えたらどの人のことを言うのか

というのを聞きます。

 

そして写真を探してもらい、見せてもらいます。

例えば、分かりやすい例で言えば

 

腹筋を横に線を入れてしっかり割りたいのか

腹筋は横に割らずに縦線だけを入れたいのか

 

というだけで、トレーニングメニューは

全く変わるからです。

 

私以外のトレーナーさんに見てもらう時も

是非皆さん、「こうなりたいです」

とその方に写真を見せてくださいね。

 

そうじゃないと、トレーナーさんによっては

自分好みのトレーニングメニューや

ボディメイキングをしてしまうので

 

ダイエット目的で始めたパーソナルのはずなのに

いつの間にか筋肉でムキムキになっていて

肩幅パンパン、腕筋肉もりもり

みたいになってしまうことがあります。

 

これは実際あった話。

 

必ず「こうなりたい」という写真を見せて

その為のトレーニングメニューを作ってもらってください。

 

また、ご自身でトレーニングする場合は

しっかり調べましょう。

 

私もこちらのメルマガやLINE@でご案内しますが

自分の理想の美ボディに合っていないな

という場合があるかもしれません。

 

そういう場合はどんなトレーニングメニューにすれば

あなたの理想の美ボディになるのか

きちんと調べてください。

 

やり続けた挙句

「こんなはずじゃなかったのに」

という体になってしまうのは嫌ですよね。

 

というか、私がなったことがあります。

 

理想の体型をイメージせず

何となくトレーニングをしていたら

 

胸板が筋肉で分厚くなり

太ももの前側の筋肉がもりもりで

脚も太くなってしまいました。

 

それで筋肉を落とすためにトレーニングを

一時中断しました・・・・

 

今になってはその経験があったから

皆さまにお伝えできますが

 

皆さまは私の失敗をもとに

是非、はじめから理想の体型を目標に決めて

トレーニングしてくださいませ。

 

*LINE@で配信しています動画でご覧になると

こちらの内容がより具体的でわかりやすくなります。

 

 

3、今週のホームワーク

 

今週のホームワーク(宿題)は

「自分の思う理想の美ボディを探す」

です。

 

ネットや雑誌で検索して

「私の理想はこれだなあ」

という体を探してみてくださいね。