お酒との付き合い方

お酒の影響というのは、

 

①大きいのは「食事」による影響

②脳や肝臓など臓器による影響

 

この2つが大きいです。また、

 

①選ぶお酒の種類

②選ぶおつまみの種類

 

でも差が出ます。

お酒とダイエットの関係を学んでどんな風にお酒と付き合って行ったらいいのか考えていきましょう。

 


1、お酒が太る原因

1)満腹中枢が麻痺して食べ過ぎて糖質過多

2)肝臓の機能が解毒優先になるため食べたものの代謝機能がおちる

3)浮腫みやすくなる

 

2、太るお酒・太りにくいお酒

1)太るお酒

①ビール

・食欲促進作用が体に働くため、たくさん食べ過ぎてしまう。

 

2)太りにくいお酒

①蒸留酒

・糖質が少ない

 

②赤ワイン

・糖質の吸収を抑える

・おつまみとして合うのが太りにくいものが多い

 

3、おつまみについて

①夜遅い時間に糖質の多いおつまみを摂らない

②野菜やタンパク質をメインにしたものにする

 

4、飲むならしたいこと

①体重・体脂肪率を測定し続ける

・飲んで体重や体脂肪率が増えたと分かったら、食事や運動に気を使うことができ、増加を最小限に抑え、元に戻すことが出来る

 ・体重の増加が飲んだ翌日ではなく、翌々日など日をあけて出ることがあるので注意。

 

②体脂肪になる前に運動する

・食べた分はすぐ消費!

 

③連日の飲み会は控える

・3日も飲み会が続くと、増えた体重・体脂肪を落としにくくなってしまうので、連日は控えた方が無難。

・どうしても続くときは日中の食事や運動で毎日コントロールを!

 

 

4)まとめ

太りにくいお酒の飲み方

 

個人的には

赤ワインでおつまみにチーズやサラダ・生ハムなどだと太りにくいと思う。

グラス1杯程度なら太りにくい。

また、赤ワインはポリフェノールも豊富なので抗酸化作用も期待される。