勝手に痩せる食事バランス術!

引締めボディを創るダイエット食事講座

■この講座に出るとこう変わる!

☑痩せるための体重体脂肪率のグラフの読み方が分かるようになるので、ちょっと体重が増えても挫折しなくなる

☑身体を引き締めるために、筋肉は減らさず、脂肪で体重を減らせる

☑生理前の食事の摂り方が分かるようになり、生理前のイライラ食い・無駄食いを予防し、太ることを防ぐだけでなく、場合によると、生理前なのに痩せる

☑お酒のダイエットへの影響を学び、飲んでも太らない対処法を身に着けられる

■こんな方が対象です

・痩せて、引き締まった身体になりたい!

・筋肉は減らしたくない

・脂肪で体重を落としたい

・健康を損なうような食事制限はしたくない

・生理前の体重コントロールの仕方を知りたい


■講座の内容

*自宅にかえってご自身で取り組めるように、ワーク中心の講座となります。

また、しっかりと取り組めるよう、一週間のメールフォローがつきます。

 

①体重・体脂肪率のグラフの読み解き方

 

②筋肉を減らさず脂肪で落とす!リバウンドしない食事の仕方

・ダイエットに必要な栄養バランスの整え方

・ダイエットに必要な各栄養素の量

・どのくらいカロリーを摂取したらいいのか

・痩せる食べる時間帯

 

③挫折しない!生理前の食事の摂り方

 ・女性の体と生理について学ぶ

 ・生理前、ダイエット中イライラしない食事の摂り方

 

④ダイエット中のお酒との付き合い方

 


■内容の詳細

①体重・体脂肪率のグラフの読み解き方

ダイエットで、体重と体脂肪率を測定される方も多いと思います。しかし、その値の読み方を間違えると、痩せてきたはずなのに、痩せてない、と勘違いし、途中で挫折してしまうことがあります。

また、体重が減っていると思ったにもかかわらず、実は筋肉が減っていて、脂肪の量は変わっていなかったということもあります。この場合、リバウンドする可能性がある事がありとても危険です。

以外に思うかもしれませんが、そういったことを防ぎ、確実に脂肪で痩せていくためにも、しっかり知識として体重・体脂肪率の読み解き方を学んでおくことはとてもお得です。



②筋肉を減らさず脂肪で落とす!リバウンドしない食事の仕方

✔食事を整えるには順番があります!

①バランス

ダイエットはカロリー制限と思っている方、それは間違いです。一番先にやることは、偏った食事で燃焼効率を悪くしている栄養バランスを整えることです。では一体、何を食べたらいいのか、栄養バランスについて学びます。

 


②摂取量

どの程度の量を食べたらいいのか、あなに必要な量を知りましょう。特に、野菜とタンパク質は摂取量が少なすぎるために太っている人が多くいます。それぞれを一日にどれくらい食べたたらいいかしっかり把握していきましょう。

 


③カロリー

余ってしまうと脂肪に変わってしまう、カロリーですが、減らしすぎると筋肉が減ってしまい、リバウンドの原因になります。また、極端な食事制限もリバウンドの元になります。そうならないようコントロールの方法を学べます。

 


④時間

食べなければ痩せる、というほど人間の体は単純ではありません。生命を脅かすようなダイエットはかえって太ります。この理論さえわかれば、あなたも食事の時間を上手にコントロールして脂肪を減らせます。



③挫折しない!生理前の食事の摂り方

■排卵前と排卵後ではダイエット法は変わります。

ダイエット中に排卵前と排卵後の食事を同じにしてしまうと、月経前症候群の症状が起こりかねません。

女性の体の特徴やホルモンについてもしっかり学び、イライラしたり、甘いものを食べ過ぎたりしないよう、まずは知識からしっかり学んで、生理前に挫折するようなことがないようにしていきましょう。

■ダイエット中生理前に起こりやすい状況

□無性に甘いものが食べたくなり、食べてしまう

□なぜかわからないけど無性にイライラする

□ものすごく落ち込む

 

これらは、実は知らずに行っている食生活が引き起こしていることもあります。

生理前に月経前症候群を予防しながら、ダイエットにも効果のある食事の摂り方というものがあります。生理前、身体はどのような反応をするのかを知り、対処する方法を学びます。


■生理前の体の変化

①お腹が空く時間が早くなります

言われるとそうかも、と気が付く方が多いのですが、排卵後、生理前はいつもより、数時間早くお腹が空きます。ダイエット中だと、ダメだと分かっていても、でもどうしようもなくて甘いものに手を出し、あとで食べてしまった自分を責めてしまう…ということはよくある事です。しかし、この時に、上手に食事を活用することで太らずに、空腹を満たすことが出来るようになります。

②血糖値が下がりやすくなります

血糖値が下がりやすくなることで、気を付けなければならないのは、甘いものを食べて、急激に脳から糖分が失われることです。これは、実は生理前の鬱状態にかかわっています。甘いものを食べて、鬱っぽくなり、そんな自分を励ますためにまた甘いものを食べる、そしてまた血糖値が下がって鬱っぽくなる。この繰り返しを断つためには、食事を上手に活用することが大切なのです。

③体がむくみやすくなります

生理前はホルモンの影響でどうしてもむくみやすくなります。それは仕方のないことです。「今、生理前だ」ということを認識せずにダイエットを始めると、なかなか痩せない為、挫折しやすくなってしまうのです。この時期をいかに工夫して過ごすか次第で、生理後の体重減少が変わってきますので、実は重要な時期です。一方ダイエットが軌道に乗ると、生理前でも体重減少が見られます。



④ダイエット中のお酒との付き合い方

お酒もカロリーがあるとか、どのお酒ならダイエットでも飲んでもいいとか、いろいろ言われていますが、お酒の影響というのは、そういったところよりも、

 

①大きいのは「食事」による影響

②脳や肝臓など臓器による影響

 

この2つです。お酒とダイエットの関係を、しっかりと体から見てあげると、どんな風にお酒と付き合って行ったらいいのかが、良く見えてきます。



■ご参加のメリット

☑一週間のメールフォローがついているので、しっかり覚えられる。

☑「こんなに食べるんだ」とわかり、筋肉を落とさずダイエットでき、リバウンドを防げる。

☑無理のない食生活でストレスなくダイエットできる

☑生理前のダイエットの挫折を防げる

☑お酒に対する考え方が変わる

☑痩せる

☑健康診断の結果が変わる



■講座の詳細

<日程>

 2018年

・4/27(金)10:00-15:00(お昼休憩あり)

・5/10(木)14:00-18:00

・5/20(日)14:00-18:00

・6/7(木)14:00-18:00

・6/9(日)14:00-18:00

 

*その他の日程をご希望の方は、お気軽にお問い合わせください。

<料金>

megu

 

<講師>

一般:12,960円

会員:11,880円

<会場>

BodyVoice 

東京都世田谷区

東急東横線 学芸大学駅徒歩7分

*お申し込みの方に詳細ご案内いたします。