生理前の食事

1、ダイエット中生理前に起こりやすい状況

こんな症状ありませんか?

□無性に甘いものをたべてしまう

□なぜかわからないけどイライラする

□ものすごく落ち込む

 

これらは、実は知らずに行っている食生活が引き起こしていることもあります。

 

生理前に月経前症候群を予防しながら、ダイエットにも効果のある食事の摂り方というものがあります。生理前(排卵後)身体はどのような反応をするのかを知り、対処することが実はとても大切なのです。

 

そうすることで、生理前(排卵後)に余分な体重増加を防ぎ、生理後の痩せやすい時期に、しっかりと痩せることができるので、とてもお得なのです。

2、生理前(排卵後)の体の変化と食事

①お腹が空く時間が早くなります

言われるとそうかも、と気が付く方が多いのですが、排卵後、生理前はいつもより、数時間早くお腹が空く方もいらっしゃいます。ダイエット中だから食べちゃダメだと分かっていても、でもどうしようもなくお腹が空いて甘いものに手を出し、あとで食べてしまった自分を責めてしまう…ということはよくある事です。

 

しかし、この時はホルモンの状態が変化し、いつもより早めにお腹が空くこともあるので、お腹が空いた自分を責める必要はありません。(ここ超大事です)

 

この時に、甘いものを食べるのではなく、上手に「一日の食事」を分けて摂取することで空腹を満たすことができます。かつ甘いものではなく食事をとるので、太らずに済むことが出来るようになります。

②血糖値が下がりやすくなります

排卵後はホルモンの影響で血糖値が普段より下がりやすくなるとも言われています。この時に気を付けなければならないのは、甘いものを大量に食べて、急激に脳から糖分が失われ、うつ状態に陥ってしまわないようにすることです。

 

甘いものを沢山食べて、急激に血糖値が下がり、うつっぽく気分が落ち込んだ自分を励ますために、また甘いものを食べる、そしてまた血糖値が下がって鬱っぽくなる。この繰り返しを起こさないことが重要です。そのためには、食事を分割食にして甘いものを食べるのではなく、「食事をする」ことがおススメです。

 

また、カフェインが含まれている飲みものや食べ物も頭痛などの症状として、普段よりも体調に影響しやすいので注意が必要です。カフェインが多く含まれるコーヒーとチョコレートの組み合わせは出来るだけ控えましょう。

③体がむくみやすくなります

生理前はホルモンの影響でどうしてもむくみやすくなります。それは仕方のないことですが、「今、生理前だ」ということを認識せずにダイエットを始めると、なかなか痩せない為、挫折しやすくなってしまうのです。この時期をいかに工夫して過ごすか次第で、生理後の体重減少が変わってきます。実は重要な時期です。

 

「むくみやすい時期」ですので、余分な塩分を控えておかないと、いくらむくみだと分かっていても、体重は増えるので、結構がっかりし、挫折しやすくなるのです。その為にはむやみに塩分の多いしょっぱいものを食べ過ぎないセルフコントロールも重要です。


■もっと詳しく知りたい方は

ダイエット食事カウンセリングでは、更に詳しく、その方の生活や性格に合った食事方法をご案内します。是非ご活用ください。