体型チェックをしよう

ダイエットでなによりまず大事なこと。

それは自分の現在地である「今の体型」を認識することです。

しっかり現在の自分の身体と向き合って、これからどうするべきか対策を立てていくことが重要です。

さあ、早速体型チェックしてみましょう!

 


1.BMIをチェックしよう

BMIとは身長に対する体重の割合です。

身長に対して、体重が多すぎるのか、ちょうどいいのか、少なすぎるのか、を知ることが出来ます。

BMIは下記計算式から算出できます。

 

BMI=体重kg÷身長m÷身長m

 

例)

体重65kg 身長163cm(1.63m)の方

BMI=65kg÷1.63m÷1.63m=24.46

 

このBMIの結果は一般的に

 

 

18.5未満 痩せすぎ

18.5以上~25未満 標準

25以上 肥満

 

 

とされています。

 

 

なおBodyVoicでは健康的な美ボディを目指す方には

BMI18.5~22

をおススメしています。

 

2.体脂肪率をチェックしよう

美ボディを目指すなら、体重だけでなく、体脂肪率も非常に重要です。トレーナーmeguの指導では体脂肪率を重視しています。

人間の体は大きく分けて

 

①内臓、脳などの臓器

②骨

③血液、リンパ液

④皮膚、爪、髪

⑤水分、老廃物

⑥筋肉

⑦脂肪

 

に分けられますが、この中で、ダイエットにより体重の増減に関与できるものは⑤⑥⑦だけです。

 

⑥の筋肉は減らしてしまうと健康的にも良くありませんので、そうすると、私たちがダイエットでコントロールすべきものは⑤の水分、老廃物と⑦脂肪です。

 

ただし、ここで言う⑤の水分とは、浮腫んでいて余分な水分ということです。

ダイエットとは、身体に不要な余分な脂肪と余分なむくみの水分を減らすことになりますが、脂肪の量をチェックできるのが体脂肪率です。(結果の判定は3.体型チェックをご参照ください)

 

体脂肪率とは体組成計と呼ばれる機械で測定できます。

体重しか測定できない体重計しかご自宅にない方は、体組成計を購入しましょう。

 

メーカーによって内蔵されているデータは多少異なりますが、結局どれを購入しても同じです。

 

もし敢えておススメするとしたら

「毎日測定しやすいもの」

をお選びください。

 

ダイエットには毎日の体組成測定が何より重要です。

色や形で決めても良いでしょう。

スマホにデータを送信してくれるものもありますので、機械に強い方は楽しいかもしれません。

 

毎日測定することを前提に、どれなら自分が測定しやすいか、を視点として選んでみてください。

 

 

<体組成計の一例>

 

3.体型チェックしよう

ご自身の1のBMI、2の体脂肪率が出ましたら、下記体型チェック表であなたの体型タイプをチェックしてみましょう。

BMIと体脂肪率が交わるところがあなたの体型タイプです。

 

例)BMI24.46、体脂肪率32%の方

 →隠れ肥満タイプ

 

*あくまで目安ですのでご注意ください

4.自分の体型から運動メニューを作る

痩せない人にありがちなのが、体型チェックをして満足するケースです。

体型チェックはメニューを作るための土台でしかありません。

 

隠れ肥満なのか、肥満なのか、固太りなのか

 

それぞれの体型でやるべき運動も、食事法も変わります。

また、目指す体型によっても運動メニューは変わります。

 

体型チェックをしたその先が一番重要なのです。


■ご自身の運動メニューを作りたい方

 *現在の体型から、理想の体型になるためには筋肉の形を変える必要があります(ボディメイキング)。その為にはしっかりとしたトレーニングメニューも必要です。

食事と共に、合わせて適切な運動を行うことで、ダイエット効果がアップしますので、合わせてパーソナルトレーニングもご活用ください。