姿勢を良くする

基本的に、インナーマッスルのゆがみを取っていけば、骨の配列が整うので、自然と姿勢は良くなっていきます。

 

しかし、姿勢を良くするというと、胸を反ったり腰を反ったりする方が多いのですが、それは間違いです。

 

1、「良い姿勢」のウソ

×胸を張る

×肩甲骨を寄せる

×顎を引く

×胸を張る

×腰を反る

×膝を伸ばし切る

 

これらは全部が全部間違えではありませんが、アウターマッスルを使って、強引に体を矯正することは実は、身体の変な筋肉に余分な力が入り、かえって肩や腰、膝を痛めることがあるのでお勧めできません。

 

本来は、インナーマッスルのゆがみを取って、自然な骨の配列を創っていく方が、身体にかかる負担がなく、ずっと楽に、健康的に、良い姿勢を創っていくことが出来ます。

 


2、良い姿勢とは?

①横から見たチェック法

横から見たときの良い姿勢(骨の配列がバランスよく整っている状態)というのは

 

・耳たぶ

・肩峰(肩のボコッとしたところ)

・胸郭の真ん中

・大転子(脚の付け根)

・外果(くるぶし)の少し前

 

が一直線になる状態です。

 


②感覚的チェック法

私が考える本当の良い姿勢とは

 

足を肩幅程度に開いて立った時

 

□足の裏が均等に床についている感覚がある

□足関節の上に股関節、股関節の上に骨盤が、自然とのっている

□骨盤の上に自然と背骨がのり、その上に頭蓋骨がトンとのっている

□自然とお腹(インナーマッスル)に力が入っている

□腰や肩に余分な力が入っていない、ストレッチ感もない

 

というような感覚です。

 

つまり

「骨の配列が整い、外側の筋肉に余分な力がかからず、自然にお腹のインナーマッスルに力が入っている状態」

です。

 

この状態ですと、余分な力が入らず、必要なところにだけ必要な力が入っている、無理のない自然な状態になります。

 

このためには骨に近いところにある筋肉=インナーマッスルの調整が必ず必要になります。

 

身体の外側で無理やり引っ張るような姿勢の正し方は、不自然な骨の配列を引き起こしやすいため、間違うと腰や肩などに痛みを生じさせることがありますので、私は専門家の指導がない限り自己流で行うのは控えることをお勧めします。

 

3、簡易版 姿勢を良くする方法

こちらはとても簡単な姿勢を良くする方法ですが、インナーマッスルを整えてはいません。

ただ、やるだけでお腹に自然と力が入るのを感じることが出来るので、ふと姿勢を整えたい、と思ったときにさっと出来る簡単な方法です。

 

大切なポイントは3つです。

①肩の力が抜けていること

②お腹に自然と力が入っていること

③腰が反っていないこと

 

この3つをチェックしてみて下さいね。