ダイエット運動講座

■講座の目的

①ダイエットの為の運動について知る

 →どんな運動があるの?

 →どのくらいしたらいいの?

 →いつやったら効果的なの?

 

②実際に体験・体感し、家で出来るようにする

 

■こんな方が対象です

・ダイエットの為に何をしていいのかわからないから知りたい。

・以前運動したが自己流で効果が出なかったから、ちゃんと教わりたい。

・家で出来るダイエットの為の運動を知りたい。


■講座の内容

*エクササイズは家で出来るものをご案内します。

 

1)座学

①ダイエットの為の運動ってどうやるの?

②運動に順番ってあるの?

③効果的な脂肪の燃やし方は?

 

2)実践

①むくみの取り方

②準備体操の仕方

③これだけはやりたい筋トレ

④これくらいは体を柔らかくしたい

 

【ダイエットの為の運動にも種類があります!】

①むくみ/老廃物

ダイエットにかかわりのあるものは脂肪と筋肉だけではありません。「むくみ」「老廃物」「セルライト」こういったリンパの流れに関わるケアも大切です。むくみが取れるだけでウエストや太ももの太さも変わってくるものです。老廃物はセルライトに変わりやすいのでしっかりとケアをしていきましょう。


②内側の筋肉

美しく女性らしいボディラインを作るには実は、体の内側の筋肉、つまりインナーマッスルが重要です。インナーマッスルが美しいくびれを作り、姿勢を良くしてくれます。身体を内側から機能的に働かせることが出来なければ、ウエストは寸胴・太ももはパンパンという逆に筋肉質でムキムキに見えてしまうようになります。


③外側の筋肉

インナーマッスルが機能的に動けるようになったら、外側にある大きな筋肉=アウターマッスルを刺激して、脂肪を燃やしやすくし、太りにくい身体を作りましょう。女性でもムキムキな人もいますが、ご本人の持っている退室も関係し、普通の方が普通にトレーニングを行う分にはそうなりません。どのくらいの負荷でどのくらいの回数などを行ったらいいのかを学びます。


④脂肪燃焼

筋トレで筋肉がついたら、筋肉を使って実際に脂肪を燃やしていきましょう。脂肪を燃やすには有酸素運動が大切です。この時、無理やり走りだす方もいますが、そんな必要はありません。日常生活でも十分脂肪を使て値ますし、脂肪燃焼に必要な心拍数というものがあります。それをまず知りましょう。


⑤柔軟性

関節の動きが悪くて、本来100%使える筋肉を50%や30%程度しか使えず、消費カロリーが少なくなってしまっている人もいます。とてももったいないことですね。体を柔らかくして、関節の動きを良くし、効果的・効率的に筋肉でエネルギーを消費出来る体作りをしましょう。


■ご参加のメリット

・ダイエットの効果的な運動方法を論理的に知ることが出来る

・家でも出来るエクササイズなので、取り入れやすい

・(実行すれば)痩せる

・(実行すれば)健康診断の結果が変わる



◆講座の詳細

■日程

2018年

・3/16 (金)11:00~13:00

■講師

megu

■料金

一般:6,480円

会員:5,940円

■会場

BodyVoice 

東京都世田谷区下馬6

東急東横線 学芸大学駅徒歩7分

お申し込みの方に詳細ご案内いたします。