ダイエット運動講座

辛い腹筋運動とはおさらば!

ー5cmウエストくびれ塾

くびれを作るために起き上がり腹筋をしている方、もったいない!

その腹筋の仕方ではくびれは出来ません。

くびれを作る引締め美筋を使ってウエスト-5センチを目指す3日間です。

■この講座でこう変わる!

☑こんなに楽なのにくびれが出来る

☑姿勢が良くなる!

☑消費カロリーが増え、痩せやすくなる!

■こんな方が対象です

☑沢山の人がいると恥ずかしい方(こちらは限定2名様のセミプライベートレッスンですので、ご安心ください)

☑今までたくさん腹筋をしてきたけど、くびれが出来なかった。

☑家で出来るくびれづくりのノウハウが知りたい。

☑辛い腹筋はいや。もう少し日常生活で簡単にできる方法はないの?という方。


■講座の内容

1日目【緩める】

くびれを作るためには、肋骨や背骨がしっかり動かなければなりません。

その為には、カチコチになって動かない筋肉を動きやすくしてあげる必要があります。

1日目はとにかく硬くなって引き締まらないカチコチの筋肉を集中的に緩めます。

 

2日目【目覚めさせる】【働かせる】

 ①目覚めさせる

ずっとずん胴だった方は、くびれを作る筋肉が動きなれていません。その為、一旦しっかりと働くよう、筋肉を目覚めさせる必要があります。

②働かせる

目覚めた筋肉が今度はしっかりと動き、くびれを作ってくれるように、教育していく必要があります。いつでもどこでもできるエクササイズを皆様に伝授します。

3日目【確認する】

総まとめです。

きちんと出来ているのか、やり方が間違っていないか、効果の出ないやり方をしていないか、しっかり確認します。

これからもご自分で正しく出来るようにしていきます。

■ご参加のご注意

「運動は辛くないとやった気がしない」

という方がたまにいらっしゃいますが、そんなに辛いことをして自分をいじめなくても、私のやり方だと、残念ながらお腹はくびれます。むしろ、そういう方の場合は「緩める」が出来ない方が多いです。

 

筋肉がしっかり伸び縮みしないと、骨格を形作っている骨は動いてくれません。骨がうまく動かないと、筋肉も動きませんのでくびれは出来ないのです。

 

くびれを作るエクササイズは、辛いものではありません。とても楽で、むしろ拍子抜けするかもしれません。その代り、毎日いつでもどこでもやってください。この楽なエクササイズをどれだけ習慣にできたか、が、くびれづくり成功のカギです。


■講座の詳細

■日時

1日目:2019/2/9(土)

2日目:2019/2/23(土)

3日目:2019/3/9(土)

 

時間:全日程13:00-14:30

 

■講師

megu

■料金

一般:12,960円

会員:12,000円

*事前振り込み制

■会場

BodyVoice 

東京都世田谷区下馬6

東急東横線学芸大学駅

徒歩7分

*お申し込みの方に直接詳細をご案内いたします。


■お申込みはこちら

お申込みご希望の方は下記のボタンをクリックしてお進みください。

■お問い合わせ

ご不明な点、ご質問等ございましたらお気軽にお問い合わせください。


<運動豆知識>

■運動の種類

<ダイエットの運動には種類があります!>

①むくみ/老廃物

ダイエットにかかわりのあるものは脂肪と筋肉だけではありません。「むくみ」「老廃物」「セルライト」こういったリンパの流れに関わるケアも大切です。むくみが取れるだけでウエストや太ももの太さも変わってくるものです。老廃物はセルライトに変わりやすいのでしっかりとケアをしていきましょう。

 


②内側の筋肉

美しく女性らしいボディラインを作るには実は、体の内側の筋肉、つまりインナーマッスルが重要です。インナーマッスルが美しいくびれを作り、姿勢を良くしてくれます。身体を内側から機能的に働かせることが出来なければ、ウエストは寸胴・太ももはパンパンという逆に筋肉質でムキムキに見えてしまうようになります。

 


③外側の筋肉

インナーマッスルが機能的に動けるようになったら、外側にある大きな筋肉=アウターマッスルを刺激して、脂肪を燃やしやすくし、太りにくい身体を作りましょう。女性でもムキムキな人もいますが、ご本人の持っている退室も関係し、普通の方が普通にトレーニングを行う分にはそうなりません。どのくらいの負荷でどのくらいの回数などを行ったらいいのかを学びます。

 


④脂肪燃焼

筋トレで筋肉がついたら、筋肉を使って実際に脂肪を燃やしていきましょう。脂肪を燃やすには有酸素運動が大切です。この時、無理やり走りだす方もいますが、そんな必要はありません。日常生活でも十分脂肪を使て値ますし、脂肪燃焼に必要な心拍数というものがあります。それをまず知りましょう。

 


⑤柔軟性

関節の動きが悪くて、本来100%使える筋肉を50%や30%程度しか使えず、消費カロリーが少なくなってしまっている人もいます。とてももったいないことですね。体を柔らかくして、関節の動きを良くし、効果的・効率的に筋肉でエネルギーを消費出来る体作りをしましょう。

 


■他のエクササイズは下記をご確認ください。

●自分の運動メニューを作って欲しい方

マンツーマンで指導してもらえるパーソナルトレーニングがおススメです。


●身体を柔らかくしたい!

ストレッチに特化して行うストレッチ教室がおススメです。